« March 2008 | Main | June 2008 »

April 13, 2008

北京でスヌーカー(その2)

Img_0374

佐竹君が留学時代お世話になった「LK.T」というキューメーカーのお店に行きました。
実は前日お店の場所を探したのですがあったと思われる場所にありません。
(OTASportsの)コーチからオリンピックの影響でお店が移転し、移転先の住所を聞いてお伺いしたのでした。

入店したらレジに佐竹君知り合いの女性店員がいてお互い再会を大喜び!!
お店の中は小さくて、昔行ったジョンパリスのお店と同じくらいの広さ。
ビルの地下にはLK.T経営のビリヤード場もありました。

佐竹君はキューとキューケース、私はソフトタイプのキューケースが購入目的。
スヌーカーキューがメインで並んでいます。価格は300元から700元がメイン(4000円から1万円程度)
プールキューもありますが、みた感じプリントキュー(インレイがないもの)。
なぜかジョンパリスの「クラシック」の1ピースが一本ありました。(価格非表示なので売り物じゃないかも)

佐竹君はお気に入りのキューを見つけることができず。
私は肩に背負えるソフトキューケース(80元)とチョークを買いました。
なぜかトライアングル製のグリーンチョークが2種類あり、店員の説明だと薄いグリーンは中国で作られたもの、濃い方が英国から輸入したもので前者が2元、後者が5元。
トライアングルってアメリカじゃないのと疑問に思いつつ両方とも購入。

お店訪問後タクシーを拾って次の目的地へ。


Continue reading "北京でスヌーカー(その2)"

| | Comments (0)

April 10, 2008

北京でスヌーカー(その1)

今回の旅のもう一つの目的。北京でのスヌーカー事情の話です。

北京では、一番盛んなビリヤード競技は「8ボール」です。
(日本と比較して)テーブルが違います
8~9フィートの大きさのテーブルですが、ポケットがスヌーカーと同じであごが丸くて狭い。
クロスもスヌーカーと同じでナップがあります。
スヌーカーと同じくらいの大きさのボール。スヌーカーと違うのは数字があることです。
だからアメリカンプールテーブルの8ボールより難易度は高そうです。
興味があるのですが、時間なくて今回の旅ではできなかった。これは次回の楽しみに。
そういえばテーブルの写真撮り損ねた。

アメリカンテーブルもありました。ブランズウィックのメトロ(トーナメントテーブル)を設置しているお店もありました。
アメリカンプールテーブルで8ボールや9ボールを遊ぶ人もいましたが少数派。
ちなみにキャロムテーブル(3Cなど)は見かけませんでした。

北京では
8ボール>スヌーカー>9ボール でしょうか。

一般のプレイヤーを観察するとくわえ煙草目立ちます。店員は注意しないですね。
スヌーカーの場合フレーム終了すると店員がラックを立ててくれます。
これは以前に中国の違う街に行った時に経験があったので驚かず。

5年前 IBSFに出た時、開催都市のスヌーカークラブでは店員がラックだけでなくリスポット(カラーボールをスポットに戻す事)までサービスするので、カルチャーショック受けましたね。


Continue reading "北京でスヌーカー(その1)"

| | Comments (0)

April 05, 2008

ChinaOpen見学

Hi370012
日本に帰国してから忙しくて今までブログ更新できず、やっと書く暇ができました。

今回のお話(レポート)は「ChinaOpen見学」です。

2年前から見に行きたいとい思っていましたが、諸事情で行けなくて今年になってやっといけるチャンス。
JSA3月の試合と日程がかぶっていたので、少し迷いましたがこのチャンスを逃すと二度と見に行けないかも
と思い北京に行きました。

27日 ベスト16 ディンジュンフイ VS ショーンマフィー、28日 ベスト8 マークセルビー VS ジョンヒギンスMBEの2試合を観たのですが、いや~ いろんな発見ありました。
行ってよかったです。

Continue reading "ChinaOpen見学"

| | Comments (0)

April 01, 2008

北京から帰国しました。

Hi370056

日曜日に北京から帰国しました。

成田国際空港から電車に乗って帰宅中思ったのが「寒い

北京は寒いと聞いていたのでその心構えで出かけたのですが、思ったより寒くありませんでした。
それが帰国したとたん千葉の方が寒いので驚きました。

まあ、現実に戻ったからなおさら感じたのかもしれませんね。

北京滞在中、いろんな事がありました。

「チャイナオープンを見学」、「北京でスヌーカー」、「その他の出来事」の3つのパートに分けて書くつもりです。

この旅行の主催者でいろんな所を案内してくれた佐竹君と北京でお世話してくれた皆様に感謝しております。
チャンスがあればまた行きたいです。

| | Comments (0)

« March 2008 | Main | June 2008 »