« May 2005 | Main | July 2005 »

June 30, 2005

2003IBSF世界選手権(最終回 スヌーカー以外のエピソード)

「jangmen.mp4」をダウンロード
ムービーは江門市の光景です。宿泊ホテルから試合会場までシャトルバスで移動していました。その中からの撮影しました。
中国といえば以前市民の足は自転車でしたが今やバイクや車に取って代わっているのがわかります。
江門市はバイクの工場があってホテルの中にも飾ってありました。だから街中にバイクが多いです。
(このムービーには写っていませんが)若者がノーヘル(ヘルメットなし)でバイク走行している場面を多く見かけひやひやしました。
タクシーも多くシャトルバスが来ない時は利用していました。なんせ初乗り運賃が約80円(6元)ですから。
写真は江門市の街中です。

DSC00026

IBSF012

Continue reading "2003IBSF世界選手権(最終回 スヌーカー以外のエピソード)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2005

ポケットの試合を観にいった

写真は試合の合間にてトリックショットを披露している山本 久司プロです。ムービーもあります。
(結構珍しい映像かも)
「MVI_1165.AVI」をダウンロード
「MVI_1168.AVI」をダウンロード

IMG_1164


Continue reading "ポケットの試合を観にいった"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2005

千羽鶴をスヌーカークラブへ

今日はまず、久しぶり(全日本選手権の予選以来)に田端のスヌーカークラブへ。千羽鶴をお届けするために。

撞いている最中、宅急便が届いてその中にTakazoさんGSPCから千羽鶴が入ったダンボール箱が。(GSPCの箱の側面にはポールハンターの写真まで貼ってあった。岩崎さん、芸が細かいよ。)
なぜか私がカウンターでルンバさんに鶴の折り方指導をしたり...。
という感じで千羽鶴はどんどん集まるのでした。

話は変わって
スヌーカークラブのボールが「つるつる」なのでその秘密を聞いたらこれでした。IMG_1159
これを入手して稲毛ても試してみようっと。

Continue reading "千羽鶴をスヌーカークラブへ"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 25, 2005

パック

スヌーカーのプレイの見所の一つに「パック」があります。
キューボールがブラックやブルーボールを入れた後、レッドボールのクラスタに当たってレッドを散らすプレイのことです。大きなブレイクを出す時に重要なプレイの一つです。

そのシーンを撮影して小さいムービー(2~3MB)にまとめてみました。
*実演してくれているプレイヤーは「Oちゃん」こと大水選手です。

ブラックからスクリューバックを使ってパックするシーン
「MVI_1133.AVI」をダウンロード
ブラックからトップスピンを使ってパックするシーン
「MVI_1143.AVI」をダウンロード
ブルーからスタンショットを使ってパックするシーン
「MVI_1152.AVI」をダウンロード

ブラックからパックする際、引き球や押し球などスピンをたくさんかけてレッドに当たった後レッドから離れるようにして、レッドの塊の中にキューボールが埋もれないようにします。

スクリューバックの場合、レッドに当たった後も引きの回転が残っていてそれでレッドから離れるようにします。

トップスピンの場合、カーブがかかってクラスタに当たらず空振りすることがあります。今回大水選手は少し左ひねりをいれて微調整しています。

ブルーからパックする際はピンクに真っ直ぐに当たるようにします。そうするとレッドがきれいに割れます。

*本当は解説図を使いたいですが、作成するのが面倒くさいのです。(笑)

これから時々今までの記事にはなかったスヌーカーのテクニックについて掲載する予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2005

千羽鶴

IMG_1129
最近、この運動により折り紙で鶴を折っているのですがうまくいきません。
なんせ折り紙なんて小学生以来ですから。
嫁に教わったりインターネットで調べてやってみましたがご覧の通り(左は嫁作成、右は私)
ああ、手先が不器用だな~。折り目をしっかり重ねないとんどんずれていくのです。
(最近なれてきたけど)

3年前、自分の父親が病気で倒れた時 千羽鶴を折ろうなって思いつきもしなかった。
今度知り合いで重い病気にかかって苦しんでいたら千羽鶴でも折ってみようって折り紙しながらちょっと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2005

10ボール

日曜日、キャノンボール稲毛店で10ボールのハウストーナメントがおこなわれる予定だった。

7セットマッチ、プッシュアウトあり、ハンディなしというハウストーナメントでは珍しいガチンコ勝負ができる試合形式だったのですが、そのシビアさとエントリー費5000円という金額の高さがのおかげか私含めて4人しかエントリーがなくあえなく中止に...。

試合に参加する一週間前程度から10ボールのゲームをやってみたのですが9ボールより難易度が上がってますね。
①一個ボールが増えたおかげでトラブル配球になりやすくマスワリが難しい。
②ブレイクエースが出にくい。(ブレイクで10ボールが入ること)

といいつつ先週の金曜日にOちゃんとプレイしたらいきなりブレイクエース。やっぱり出るんですね~。でもブレイクエースはあまり好きではないですね。だって「フルーク(フロック)の最たるもの」ですから。


基本的には9ボールと変わらず、いい配球がくれば一気に取り切れますね。

ただブレイクが苦手(練習していないから)なので取り出しがいつもシビア(もしくは1個も入らない)で1度もマスワリできませんでした。

ポケット一般でいつも思うことですが、スヌーカーと比較して「入れ」は確かにやさしい。しかし一度のポジションミスで隠れてしまたり、入れなれない配置にポジションしてしまいすべては「パア-」になってしまうことが多い。(特にハイボールの段階で)難しい配球が周ってきた時、スヌーカーのようにsaftyで守ることが難しく、結局攻めるしかない。ミスすると相手に取りきられてしまうなど、ポケットの難しさを感じますね。

6/26にキャノンボール大森にてJPBA主催の10ボールinキャノンボール大森が行われます。
観に行こうかな~。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 14, 2005

イギリスの悪童 アレックス・ヒギンズ

最近借りたDVDに「ハリケーン」アレックス・ヒギンズを特集したDVDがありました。
題名は「The people's champion
1982年のジミーホワイトと対戦した時の有名なシーンから彼の生い立ちとか他の有名なスヌーカープレイヤーや関係者のアレックスヒギンス評など盛りだくさん。
英会話が苦手なのでわからないところも多いですけど、ムービーは最高に笑える
だって思いっきりヘッドアップしながら入れまくっているんですから
スティーブ・デイビスとはあまりにも対照的。すざまじいキュー切れや先球5クッションで入れたり(ホントに狙っているのか?!)すさまじいプレイのオンパレード。
ドラゴンが「ヘッドアップしてもキューがまっすぐ出ている」
これって「天才」にしかできないですよ~。

Continue reading "イギリスの悪童 アレックス・ヒギンズ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 12, 2005

久しぶりにスヌーカーハンディ戦開催

20050612
200506121

今日は久しぶりにキャノンボール稲毛店でスヌーカーハンディ戦を開催しました。
(本当はアレックス・ヒギンズのこと書くつもりでしたがそれは後で)

定員8人そろったので(私も含めて)シングルハンディ付き1フレームマッチ(決勝のみBest of 3)
枠決めはK1方式を採用。

優勝:高橋さん
準優勝:私
3位タイ:大橋さん、岩本さん

Continue reading "久しぶりにスヌーカーハンディ戦開催"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

June 09, 2005

KEEP YOUR HEAD DOWN

全日本選手権が終わってしばらくスヌーカー活動はお休み(6/6以外)

家族サービスもしないとね~。

そこで友人から借りたスヌーカー関連のDVDを家で観まくっています。

その中の一つにスティーブデイビスのスヌーカーレッスンDVDがあって観ました。
題名が「TRY SNOOKER -THE CHAMPION'S WAY- with steve Davis」

昔の映像(10数年前くらい、多分私がビリヤード始めた頃)で画像自身はあまりきれいではないですが
彼の指導内容がなかなか興味深い。(髪の毛ふさふさで若い!!)
キューイングがきれいでファームがまさにスヌーカーの教科書状態。

特に最後の方で一人二役で試合をするところが。(入れ替わるたびにわざわざベストとシャツを着替えているところが面白い)

そのレッスンの中で「KEEP YOUR HEAD DOWN」とのナレーションが
(画像にアンダーバーが引かれて強調されていた)
ショットする瞬間は頭(上体)が上がるとキューイングがずれてしまいミスの原因に繋がるのでショット直後もしばらく上げないで固定します。
私にとっても「これ」は大事なことです。
強いショットを撞くときや緊迫した場面ではどうしても上体が動いてしまいそのままミスに繋がってしまうですよ。
それも無意識に動いてしまう(手玉や的球の行方を目で追ってしまうから)のでなんとかしないと。

ただしヘッドアップしても入れまくる例外の人がいます。
’ハリケーン’アレックス・ヒギンズです。
<次回に続く>


| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 07, 2005

ひとり練習

前日(月曜日) とある病院にて健康診断に行ってきました。
検査の中に胃の検査があってバリウムを飲みました。
そこまではよかったのですが、検査終了直後に下剤を渡されました。(バリウムが胃や腸の中で固まる前に排出させるため)
050606_1100002
健康センターの係員の指示に下剤を飲んだのがトラブルの始まりでした。
元々下痢しやすい私はそれが加速してしまいお腹が下ってしまって、今まで以上にトイレとお友達に(写真の右側が下剤)次の日の午前中くらいまで影響がありました。(電車の中が辛い)
こんなの勘弁です...

さてさてやっと本題、健康診断が終わったらキャノンボール稲毛に直行しました。
(仕事はさぼり...じゃなくて休暇と取りました)
平日の昼間からみっちり練習できるぞ。(お客少ないから静かだし)

Continue reading "ひとり練習"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2005

全日本選手権の写真

IMG_1082
IMG_1086

IMG_1083
IMG_1090
IMG_1088
IMG_1092
IMG_1094
IMG_1096


| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 01, 2005

ドラゴンはやっぱりドラゴンだ(全日本選手権)

全日本選手権が終わって疲れ果ててしまった、なおきです。
金曜日の夜から土、日にかけて稲毛と千葉の田舎と東京と行ったりきたりで寝不足と体力不足。
月曜日、火曜日とも仕事が終わって帰宅して食事してすぐ寝てしまう毎日でとてもプログを書く気力が沸きませんでした。(今も腰が痛いし体調良くない。)

試合の詳細はTHINKFIRSTに書いてあるのでそちらを読んでください。

私は1回戦大阪の池田選手との試合。2-0で負けてしまいました。
2フレームとも中盤までは互角もしくは少しリードしていましたがフレームボールを飛ばしてしまいその後取られてしまうというゲーム内容に。
無意識に上体が動いてしまいポーズが取れないくせが肝心なところで出てしまうですよ。
逆に池田選手のキューイングはポーズがしっかり取れていてホントに素晴らしくてすごい安定しているです。
スヌーカーの基本的なところの差なんですよ。
試合後に不完全燃焼の私にドラゴンが「ビデオみれば差は歴然で負けた原因がわかる」と注意されました...
(ビデオカメラが設置されたテーブルで試合でした)
IMG_1081

Continue reading "ドラゴンはやっぱりドラゴンだ(全日本選手権)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »